スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
捨てられるネガ 捨てられる写真 捨てられるもの


Kodak Portra 400


考えてみた
私には捨てられない写真、捨てられないネガ、がない
あれれ、心が動いた瞬間を切り撮っているはずなのに、
一枚一枚に心がこもっているはずなのに
もし家事や水害、地震や竜巻で家が壊れるとして、
わたしは迷わずカメラを抱えて逃げ出す
これから、残したい写真、を撮るために、カメラを守る
残したい写真や、持っていきたいネガは、一枚もないなあ

わたしは風景やお散歩スナップが多く、ひとを撮ることはほとんどない

服も、靴も、本も、ぬいぐるみも、DVDも、CDも、
これまでにいっぱい捨てて来たけれど、
どれだけ思いの詰まっているものであっても、
お別れの時はあっさりバイバイして、はい次ー!ってなる
まあ、誰でもそうだとは思うんだけど、ひとはそうはいかないよね
絶縁だ!絶交だ!あんたの顔は二度と見たくない、
お前と会うことは二度とない、君と会ってた時間が勿体無いよ、などなど、
たくさんひとに切られてきたし、勿論私からも沢山ひとを切ってきたけれど、
繰り返してきても、慣れることはないなあ
ひととさよならするときは、いつも涙は付き物

思い出、として残っているものは、やっぱり人と過ごした時間のこと
物や場所ではなくて、ひとと共有した空気のこと
思い出して泣いたり、笑ったりするのは、ひとと過ごした時間のこと

いまの自分がいるのは、自分のまわりにいた、いてくれた人たちのおかげ

わたしにとって、一番大切なもの、って、ひとなのかもしれない
嫌いだし煩わしいし重たいし面倒くさいし哀しいし溜息が出るけれど
ひとは、大切なのかもしれない

どうして写真を撮ってゆくんだろう、
何を残してゆくんだろう、
残すために撮るのだろうか、 こたえは全然みえてこないけれど、
たいせつなものを撮ってゆきたいと思う

だから、すきなひと、ができたら、
だいすきなひとと一緒になれたら、いーっぱい写真を撮ろう
大切なひとたちの写真を、しっかりと撮ってゆこうと決めた

まあ、いまさらですが、
写真と、ひとと、自分と向き合いたいなあってことです。
Natura Classica comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://singlalala.jugem.jp/trackback/198
<< NEW | TOP | OLD>>