スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
プリントを受け取って、思ったこと。

(今日、展示に使う写真を2Lサイズでプリントしたものを受け取って来ました。)



言いたい、ことがあるんだと思っていた。
言葉にうまく直せなくて、いつもだらだらと話してしまう。

色を、温度を、湿度を、感情を、
ぴったりと共有できたら、
見つめ合いながら、同じ景色を見つめられたら、と、
幾度となく願った。



伝えたい、ことがあった。
伝えたいこと、がある。

ぴったりと重なることはできなくても、
そっと寄り添うことならできるはずで
手を繋ぐことはできなくても、
握ることならできそうだ。
一緒に歩くことができなかった道は、
時間を超えて辿ったり、場所を超えてなぞったりすればいい。

余白があるほうがいいこともある。
きっとそれが、いま、だ。



ちゃんと詰まっている、プリントに、私が。
紛れもなく、自分の断片だ。
でも、見る人によってそれぞれの解釈もできる余白がある。



ドキュメンタリーになってしまったら、と懸念していたけれど、
西村さんが、詩的ですね、と言ってくださったので、とても嬉しかった。



西村さんの"手焼き"プリントも是非見に来てほしい。
西村さんに焼いていただけて本当に本当に嬉しい。
(東伏見の西村カメラさんに大変大変お世話になっております…!)



ああ、もう、本当に、本当に、たくさんの人に見に来てほしい!







唐澤菜央子 写真展 「光でありたい」
2013年3月15日(金)〜3月27日(水) 木曜定休
平日 09:00〜20:00 土日祝 10:00〜20:00 最終日 19:00まで

フォトカノン戸越銀座店
142-0041 東京都品川区戸越 2-1-3

都営浅草線 戸越駅 (出口A2)徒歩4分
東急池上線 戸越銀座駅(出口1)徒歩7分



- comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://singlalala.jugem.jp/trackback/234
<< NEW | TOP | OLD>>