スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
やっぱりわたしは、あなたにとっての光でありたい。



 自宅から3駅隣の写真屋さんへ何度も何度も通った。




 あがってきたプリントの出来がどんぴしゃで来たとき、
 想像と覚悟を超えた色を出していただけたときはどうしようもないくらい嬉しくって
 笑いたいし泣きたいし叫びたいし歌いたいくらい嬉しくって
 こみあげてくるものを噛みしめて消化して落ち着かせなきゃ!と、
 電車には乗らず3駅分、1時間弱歩いて帰ったりもした。3回ほど。


 

 会いたいひとたちを思い浮かべながら作品をつくっていった。
 会いたいひとをまぶたの裏に描きながら自分のこれまでとこれからに思いを馳せた。







 14日木曜日の搬入日の朝は雨風が強くてちょっぴり泣いた。
 初めての糸張り、くぎ打ち。
 自分の意志と決意と願いと切実な希望を壁に打ち付けて、
 紛れもない自分の断片たちを壁に並べた。
 
 設営が終わったら外は晴れていた。
 軽く陽が西に傾いていて、ぬるい風が頬に心地良かった。
 



 自分の欠片ではなくてやっぱり自分の断片たちだから、
 あの空間はわたしの色、わたしの温度とにおいが漂っていたと思う。

 お店の定休日である木曜以外は毎日在廊した。
 最初の数日間は、「こう感じ取ってほしい!こうみてほしい!」というのを
 みるひとたちに押しつけてしまった。

 作品の説明をしているうちに、わたしの撮りたい(と思っていた)写真と
 わたしの撮れる写真は違うということに気が付く。それが酷く悲しくて虚しかった。
 恥ずかしかった。そして自分の作品を放棄するようになった。

 たくさんのひとにみていただけて、お話出来て、すごくすごく嬉しかったけれど、
 いただいた言葉たちをうまく消化できなくて、頭も心もパンクしそうになっていた。

 18日の月曜日が一番落ち込んでいた。もう展示を閉めたいと思った。
 みに来てくださった方々に対して、時間とお金と労力の浪費をさせてしまっている。
 そうとしか思えなくて申し訳なくて情けなかった。
 わたしは自分のために写真を撮って、自分のために個展を開いた。
 自分勝手すぎて毎晩吐き気がした。
 毎晩浴室で思い切り泣いてからぐったりとベッドに倒れていた。

 19日の火曜日の夜、話して話して話して話して泣いて泣いて泣いた。
 わたしは自分のために写真を撮って、自分のために個展を開いた。
 見たまんまをそのまんま、真っ直ぐに切り撮った。わたしは平凡だ。
 それは決して恥じることではないと思えるようになった。諦めではなく肯定だ。
 今までばらばらだった物事にしゅるりと糸が通って全部綺麗に繋がった。
 
 突き抜けて、素直になりたい。
 凛としなやかに、強かに。
 やっぱりわたしは、あなたにとっての光でありたい。

 


 強く、強く願えば空気の色を変えることが出来るらしい。
 切なる祈りはそこに漂うのではなく、空気を切り裂いて星まで届くんだと思った。
 願いと祈りで溢れているこの世界はどこまでも美しいと思った。 







 搬出ぎりぎりまでみに来てくださった方がいた。
 搬出を見守ってくれるひとがいた。

 一枚ずつ壁から外して、ビニールに入れ、紙袋に仕舞った。




 自分の色、温度、においが薄れていく。




 お気に入りの4枚を最後の最後まで残した。










 白くなった壁は、失恋そのものだった。
 きゅうっと自分の奥が苦しくなった。

 でも、自分の手元に返って来た自分の断片たちを、
 両手に持っていて湧いてきた感覚は安心と安堵と感謝だった。
 お疲れ様、お帰りなさい、良く頑張ったね、ありがとね。
 
 作品の独り歩きを許容すること。
 頭ではわかっているけれどとても難しくてとても疲れることだった。
 だってわたしの断片なんだもの。わたし自身なんだもの。





 の粒を届けたい。 
 
 わたしはあなたにとっての、でありたい。







  - - - - - - - - - -



























 良い写真って何なのか知らないけれど、
 私は良い写真を撮って良い展示を開けたと思っています。
 
 そして内側を外側に出す為に撮るのではなくて、
 外界を自分の心の中に取り込むように写真を撮り続けたいです。

 そもそも写真って何なのかよくわかりません。
 何故写真を撮っているのかもよくわかっていません。
 でも、これからも撮り続けていくということを誓いました。
 
 きっとこれから先、沢山の「誓い」をたてるけれど、
 死ぬまで自分を律し続けるのはこの誓い1つだけだと思います。

 素直に真っ直ぐ、たんたん、と。
 強くて揺るぎない写真を撮ってゆこうと決めたのです。
 
 

 
 唐澤菜央子 写真展 「光でありたい」 
 
 気にかけてくださった方々、
 みに来てくださった方々、
 見届けてくださった方々、
 
 本当に本当に、ありがとうございました。





- comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://singlalala.jugem.jp/trackback/240
<< NEW | TOP | OLD>>