スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
物に対する執着

PRO800Z

ちょっとしか詰められない小さなリュック1つ背負って、
どこか遠くへ行かなければなれないとしたら、
わたしは何を持っていくのかな

本、ではないな
好きなフレーズ、物語から学んだレッスンは
からだに沁み込んでいるはず

メイクポーチや服、髪飾りではないなあ
着飾らないまっさらな自分でも、
胸を張って前を向いて歩いて行けると思うんだ

むしろなーんにも、持っていかなくていいのかも

わたしを ぱかっ て2つに割ったときに、
そこから溢れて出るのは物ではなくて、
経験や考え、思い出や言葉、声や信念であってほしい

わたしをつくりあげているものって、
目に見える、触れることのできる物体じゃなくて、
物体から得た目に見えない、触れることのできないものだと思う
体験して、感じた痛みや、味わった甘さや、
噛みしめた悔しさや、浴びた喜びであって
今までの経験と思い出と、そこで形成された考え方と、
伝えたい言葉と、伝える声と、これからを歩きぬくための信念と

"it is what you do and say that makes you who you are;
take what you want, but you ain't taking my voice away"

強いて言うなら、
たっくさんのフィルムと、カメラをリュックに詰めていくのかも
自分の経験や思い出、考えや言葉、声や信念を物体として残していくために

わたしはなんで写真を撮ってるんだろう、
LC-A+ comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://singlalala.jugem.jp/trackback/91
<< NEW | TOP | OLD>>