スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
あのね、 展 について



みずみずしくて不安定なリズム、
ゆれるけれどまっすぐしなやかな軸。
アパートメントで綴られるとまべちさんの言葉がだいすきだった。

彼女も私と同じ91年生まれだと知って、必ずこの展示は見に行かないといけないと思った。
彼女と私を結ぶ点はこの生まれ年だけだったんだけど、
見に行きたい、ではなくて、見に行かなければいけない、と胸がざわついた。

(学年は違えど)同い年。21歳同士。
ひとって「タメ」だと知ると急に距離が近くなるから不思議。
年齢でひとの何がわかるというのだろう。
21年間で経験してきたことも考えて来たことも感じて来たこともそれぞれ違って、
辿って来た道程も異なれば、今立っている場所、見えている景色も違うだろう。

ひとを惹きつける言葉を紡ぐ彼女の21年間に興味があった。
わたしと同じ21年、でも全く違う21年間を生きて来た彼女が、
どのように世界を見ているのか、それをどのように伝えるのか、とっても気になった。

湿度、を感じるような写真だった。
冬に乾燥した(一人暮らし用の)狭いキッチンでお湯を沸かしたり、料理をしていると、
湯気がたちこめて空気がほんのりあたたかく、しめってくる。そんな写真。
とても丁寧で、ゆっくりとしたテンポ。

写真以外の方法で表現出来るひとの写真は強いなあと思った。
不安定にゆれていても、やわらかく浮かんでいても、
芯と根っこがあるから必ず同じ場所に還ってくる。

わたしにはこんな写真は撮れない。
湿度も温度も、こんなにひとっぽい気配を感じさせる写真は撮れない、
と、ちょっぴり苦しくなった。同じ21歳なのに、私と全然違う。
嫉妬、はとげとげ強すぎてちょっと違うけれど、その類。

でも、そりゃあそうだ。彼女の21年間と私の21年間は全くの別物。
私は私の、これまでの21年間(そろそろ22年間になる)を抱きしめて、
これから先の数十年に心を躍らせながら、私の世界を私らしく撮ってゆこう。

とまべちさんは白と黒のギンガムチェック(細かめ)のイメージで、
とてもあたたかくて可愛らしい方でした。
彼女だから、あんな文章を綴ってこんな写真を撮れるんだよなあ、とほっこり納得した。

とまべちさんの個展も楽しみです。
素敵な出会いに感謝。


- comments(0) trackbacks(0)
2012.02.29 積雪











雪が降ってるよ!
根菜と豆がたっぷりのスープが美味しく作れたよ。
今日の夢はなんだかあたたかい気持ちになったの。
この本の主人公は何を思ってこの一言を伝えたんだと思う?
新しいオックスフォードシャツが欲しくてさ。
カスカラコーヒーって知ってる?

「まず真っ先にそのひとの顔が浮かぶの、一番最初に伝えたいなって思うの」
とやわらかく笑う彼女は綺麗だった。

その関係性が素敵だと思った。



"愛情というのは与えるものではなく、
 愛したいと感じる気持ちを、
 相手からもらうことをいうのだと。"
 ―三浦しをん『まほろ駅前多田便利軒』



Nikon F3 comments(0) trackbacks(0)
Mathesis singularis


“いったいなぜ、いわば個々の対象を扱う新しい科学がないのか?
なぜ(「普遍学」Mathesis universalisならぬ)
「個別学」(Mathesis singularis)がないのか?と。
私は若干の個人的反応から出発して、それなしでは「写真」が存在しえないような、
「写真」の基本的特徴や普遍性を定式化しようとつとめるであろう。”


―ロラン・バルト(明るい部屋より)



Rolleicord IV comments(0) trackbacks(0)
Monologue


The adrenal system reacts to stress by releasing hormones that make us alert and reactive.  The problem is that the adrenal system can't tell what's a regular case of nerves and what's a real, impeding disaster.

The body does not know the difference between nerves and excitement, panic and doubt, the beginning and the end.  The body just tells you to get the hell out.  Sometimes you ignore it.  That's the reasonable thing to do.  But sometimes you listen.  You're supposed to trust your gut, right?  When your body says run, run.



Rolleicord IV comments(0) trackbacks(0)
熟れる一日



ダッフルコートを着てオレンジ色のニットビーニーをかぶって
ベランダで縫物をしながら待っていた
12月12日15時15分 晴天
雲が薄く伸びている空は水色
陽が傾き始めて
地平線に近いところから少しずつ黄色が染みていった
あたたかくてやわらかい
水色が黄色く褪せて行って
冷たくて渇いた濃紺にのまれて行った
この季節の夜空はおろしたてのリネンのようにかたくてささくれも一段と痛む
夏の空はベルベットみたいなめらかだったなあ
そういえば浅草で買った花火がまだ残ってるなあとか思いながら
すっかり冷えたキッチンに戻ってコーヒーを淹れた


Nikon F3 comments(0) trackbacks(0)
あしあと 再考


分速60秒、時速60分の単位でしか物事を見れていないから、
月速30日、年速12ヶ月で生きれるようになってみせる。



Natura Classica comments(0) trackbacks(0)
きっかけ



そこらじゅう
落ちていたり転がっていたり佇んでいたり
漂っていたり生えていたり浮いていたり
それに気付けるかどうか
研ぎ澄ましていかないとなあ


Natura Classica comments(0) trackbacks(0)



甘い香りが鼻をくすぐり
生温い風が頬をなでた

そっと掠った一本の冷たさが
じんわり溶けて滲んで消えた

このときめきは、春だ



Nikon F3 comments(0) trackbacks(0)
深呼吸




2011/12/18
撮った写真はすぐにプリントしようと強く思った


深呼吸をしたい季節がやってくる
ピリピリと剥けるような
チクチクと刺すような冷たさを肺いっぱいに詰め込んで
ちょっと涙が湧いてくる冬がすきだ
冷たさで全部が鈍くなって
冷たさで全部研ぎ澄まされる季節がやってくる


Natura Classica comments(0) trackbacks(0)
Milestone
Untitled


"To laugh often and much;
To win the respect of intelligent people and the affection of children;
To earn the appreciation of honest critics and endure the betrayal of false friends;
To appreciate beauty, to find the best in others;
To leave the world a bit better, where by a healthy child, a garden patch or a redeemed social condition;
To know even one life has breathed easier because you have lived.
This is to have succeeded."

--Bessie Stanley



Rolleicord IV comments(0) trackbacks(0)
<< | 2/22 | >>